2017-11-16 未分類

ブログをみていただき、どうもありがとうございます。博也鍼灸整骨院です。

トレーニングの成果を上げるために必要なもの その3 です。

成果を上げるために必要なものそれは「休養」です。 「休養」と「さぼり」はちがいますよ( ´艸`)

まじめにトレーニングに打ち込んでいるのに結果が出ないあなたに必要なことは「休み」です。

これも前回の記事と同じでトレーニングを頑張る為には頑張る為の準備が必要だという事。

そして、トレーニング後には回復するための回復時間が必要であり、この回復時間に筋肉は強くなり、神経疲労も回復します。

トレーニングの強度にもよりますが、「休む努力」は大切な考えの一つです。

確かに毎日行うべきトレーニングもありますし、「頑張りどころ・踏ん張りどころ」という時期もありますが、
強い強度のトレーニングの後や いろんな都合で栄養・睡眠など体を回復するべき時間がとれていない時は、
休養して心も体も回復させてトレーニングにトライするべきですね。

朝練??私なら子供にさせません。 朝練に費やす時間があるなら夜からの流れでそのまま寝かせます。その方が成長します。
朝練をして、寝るべき時間じゃない時に眠たくなったり、浅く寝てしまうことの方が問題です。

深夜までテレビ・スマホで睡眠時間を削っていませんか?
トレーニング後にビール等のアルコールを飲んでいませんんか?

「休む努力をしましょう」 

もう一度いますが「休養」と「サボり」は違いますよ。

新規コメントの書き込み